キャッシング即日OKな会社を厳選【初心者にも安心な優良企業】

フリーゲームをプレイして面白さを実感

今日は暇だったのでフリーソフトのゲームをダウンロードして遊びました。

 

結構昔のゲームで一般向けのアドベンチャーで伝記系の物語なのですが、とにかく評判がよくいつかプレイしたいと思いつつ、ストーリーが長いということでタイミングをうかがっていたところ、今日無事クリアできて良かったです。

 

ストーリーは本当にこれ、フリーで良いのというくらいの出来で過去と現在がうまく行き交っていて本当に面白くて夢中でプレイしました。

 

分岐点とかは無く一方通行のストーリーでギャルゲー要素とかも無いのでやりこみ要素は無いのですが、そういうのが無くても再びプレイしたいなと思うくらいストーリーが逸脱でした。

 

クリアしたときは、長時間パソコンに向かっていたので疲れたという重いとクリアできた、面白かったという重いが強かったです。

 

残念ながら続編とかファンディスクは無いようですが、きれいに終っていたのでこれはこれでよいと思います。

 

ゲームで求めているものはストーリー性でグラフィックではないので、私には昔のゲームのほうが合っているのかも知れません。

 

とはいえ、ゲームばかり入れるとメモリがなくなるのでほどほどにして後数回周回プレイしたら今回ダウンロードしたものも消そうと思います。

 

 

http://lope04.exblog.jp/

即日に借り入れができる基本的な条件についてのお話

すぐにまとまったお金が必要な時にまず候補となるのは消費者金融ではないでしょうか。

 

消費者金融は街角を通ればどこでも見かけるため入りやすかったり、テレビCMでもよく宣伝しているので親しみを覚えている人も多いことでしょう。

 

 

 

消費者金融のメリットはいつかありますが、特に知られているのが一連の手続きのスピードです。

 

以前は、申し込みから審査を経てお金を手にするまでに数日程度かかることもあった消費者金融ですが、最近では消費者金融の業界内でもサービス競争が展開された結果、多くのキャッシング会社で即日で借り入れが可能なところがほとんどとなっています。

 

 

 

キャッシングサービスを利用する際、最も気になることの一つは申し込んでから融資を受けるまでの時間的なスピードですが、利用者のニーズに合わせたサービスの充実によって最短1時間程度の審査結果も当たり前になってきているのです。

 

 

 

ただ、いくら審査がスピードアップしているからといって、誰でも簡単に審査が通るわけではありません。

 

キャッシングの審査で一番大事なことは現在の自分の経済的な信用度がどの程度かを把握することにあります。

 

 

 

・収入面はしっかりしているか

 

融資を受ける時、審査基準としてまずチェックされるのが安定的な収入が継続できるかというポイントです。

 

最後まで返済することが消費者金融の利用の最大の条件とすると、一時的に大きな収入があるよりも多少収入面が少なくとも一つの勤務先できちんと働いているかどうか、勤続年数がどれくらいかといったところを注目されます。

 

 

 

・雇用形態はどうなっているか

 

キャッシングによる借り入れというと定職についていてサラリーマンが一番審査に通りやすいというイメージがありますがほんとうでしょうか?

 

たしかに、会社員は身元もはっきりとしていて月々の月給がきちんと入る見込みがあるのでキャッシング会社から好まれる顧客と言えます。

 

 

 

しかし、ここ数年で職業の審査基準も大きく変わり、自営業者や個人事業主はもちろんアルバイトやフリーターなどの雇用形態であっても定期的な収入があるとわかれば借り入れ可能としている会社がほとんどです。

 

 

 

ただし、会社員に比べると融資限度額に制限があったり、年収の面で総量規制の対象となりまとまった融資が難しくなります。

 

それほど多額の借り入れを望まないのであれば、一定の収入と年収に対する総借入額のバランスによって即日融資は十分に可能です。

 

銀行系と消費者金融系キャッシングを比較しました!

消費者金融を利用しようとする初心者がまず当たる壁が、キャッシング業界のよく似た用語です。

 

とくに近年、利用者が拡大している「銀行系」と呼ばれるキャッシング会社もその一つです。

 

お金を融資してもらえるのに銀行は昔から当たり前の金融機関ですが、なぜ「銀行系」というものが登場したのでしょうか。

 

 

 

もともと銀行では個人向けに対しても多彩なローン商品を展開していました。

 

マイカーローンや住宅ローンなどはその代表例で戦後、自分の家を持ちたい人や一家に1台が当たり前となった車の購入にローン契約を結ぶことが一般的となってきました。

 

 

 

ただ、不安定な経済状況のなか銀行も新たな経営戦略として借りやすく個人に融資をしたいと考えるようになった背景から、大手の都市銀行やネット銀行を中心に利便性の高い個人向けにローンの提供が目立つようになりました。

 

銀行自体ではなく銀行や銀行グループが子会社を作ったり、提携する消費者金融を通してキャッシング事業を行うことから「銀行系」という名称が使われています。

 

 

 

消費者金融と銀行系キャッシングの大きな違いはいくつかありますが、銀行グループとしてのブランド力が背景となっているので消費者からの信頼を勝ち得やすいという利点があります。

 

大手都市銀行ならではの安心感で申し込む側のハードルもぐんと下がるようです。

 

 

 

また、消費者金融よりも融資限度額の範囲が大きいことも注目です。

 

消費者金融であれば最大でも300万円以内といったところが通常なのに対し、銀行系キャッシングは500万円以内というのが主流でまとめた借りたい人にはぴったりだといえます。

 

 

 

さらに、銀行系キャッシングのほうが比較的低金利で契約できます。

 

審査の面でもスピード化が著しくニーズに即応できる柔軟さが魅力です。

 

 

 

一方、消費者金融はキャッシングサービスの中でも大変審査スピードが早いことで知られています。

 

戦後からの歴史を刻んでいる老舗消費者金融もあり、多くのノウハウに裏打ちされた便利なサービスは利用者に受け入れられています。

 

また、銀行などと違って使い道を限定されることもないので自分の目的に合わせた自由な資金として利用が可能です。

 

 

 

消費者金融と銀行系キャッシングは金利の点やサービスなどで差は見られるものの無担保で保証人不要でまとまったお金を借り入れできるのでいざというときに利用すると良いでしょう。

 

とくに消費者金融はキャッシング初心者を対象とした利息サービスキャンペーンを展開しているところも多いので、比較をすれば賢く試すことができます。